Pocket

妊娠中は自分の体だけでなく、赤ちゃんの体も作り育てるのでその分栄養素が必要になります。妊娠中は十分栄養に気を使っていないと、たちまち栄養が足りなくなってしまい、病気になったり赤ちゃんによくない症状が現れたりします。サプリメントにすべてを頼らずとも、日常で簡単に手に入る食べ物から妊娠中に必要な栄養素を自然に摂ることは可能です。妊娠中に食べると必要な栄養素が摂りやすい食べ物を「BabyGaga」のこの記事から8つ紹介します。


 

ginger

1. しょうが

妊娠中の女性にとって吐き気は深刻です。妊娠期間を通して最初から最後まで吐き気が続くこともあります。より深刻になると吐き気が嘔吐に変わることもあります。食べ物を見るのが嫌になり、厳しい嘔吐は脱水症状を引き起こすこともあります。現状、妊娠中の吐き気を抑えるような薬はありませんが、しょうがは吐き気の症状を穏やかにすることが科学的に証明されています。
しょうがはお茶に入れたり、ジンジャーエールを飲んだり、いろんな方法で摂ることが出来るでしょう。

 
rasbelly

2. ラズベリー

妊娠ホルモンは妊娠中、膨満感と便秘になる大きな影響を果たしています。食べ物が消化されてから便として出てくるまでに時間がかかるようになり、硬くなっているので出た便を流すのにより水が必要になります。
ラズベリーはバナナ、イチゴ、リンゴ、梨よりも多くの食物繊維を含んでいるので便秘を改善するのに役立ちます。もしラズベリーを食べることが出来ないときは、ブルーベリーやブラックベリーを替わりに食べるとよいでしょう。これらを混ぜて、サラダに入れて食べてみてください。

 
salmon

3. サーモン

オメガ3脂肪酸と魚油は、健康のための非常に良い栄養素です。これらの栄養素は、心臓と脳の健康を維持する助けになることが研究によって示されています。成長していく子どもの健康にも、非常に優れた働きをします。妊娠中や授乳期間の間にこれらを摂り続けると、子どもの認識力向上と視力の向上を助けることが判明しています。
妊娠中病院から出されるサプリメントの中ではDHAとビタミンDがよく似た働きをしますが、病院から出されるサプリメントの中では重要な栄養素です。

 
legumbres

4. レンズ豆

赤ちゃんが成長するためにが、十分な鉄分が必要なので、妊婦さんはしばしば鉄分の不足または貧血になることがあります。貧血にならないために、妊娠中は鉄分が豊富に含まれた食品を食べることをオススメします。もし鉄分が不足していた場合は、お医者さんから鉄分のサプリメントをもらうこともできるでしょう。
鉄分のことを考える時、多くの人はステーキと赤身の肉を思い浮かべます。しかし驚くべきことにカップ1杯分の料理されたレンズ豆は、Tボーンステーキの3倍多く鉄分を含んでいます。レンズ豆の更なる利点は、とても多い量の食物繊維が含まれていることです。

 
hourensou

5. ほうれん草

美味しい緑色の野菜「ほうれん草」も、信じられないかもしれませんが、ステーキの3倍鉄分が含まれています。もし赤身の肉が嫌いで食べられないか、食べたくない場合は、ほうれん草が替わりの素晴らしい食品になります。またグラス一杯分のカルシウムも含まれています。ラクトース過敏症(乳糖不耐性)の人々にとっては朗報です。
鉄分、食物繊維、カルシウムの十分な量を必要とする妊婦さんにとっては、この緑黄色野菜は素晴らしい選択肢です。

 
nats

6. アーモンド、カシューナッツ、ナッツ

妊婦さんが欲求不満や吐き気を感じた時、ムシャムシャ食べてストレス解消をするために、炭水化物に手を出し始めます。炭水化物は健康的な選択肢ではありません。大量に食べると、急激な血糖値の変動が起こり、低血糖によるめまい、発汗、吐き気、失神、妊娠性糖尿病、妊婦さんの体重増加や赤ちゃんの体重増加が引き起こされます。
ナッツ類は食物繊維、タンパク質、鉄分を提供するお菓子にもってこいの、炭水化物に替わる食べ物です!

 
orange-sm

7. 柑橘類

妊婦さんは、鉄分の不足や貧血の危険にさらされています。ビタミンCが体内に多くある時、鉄分の吸収はより簡単になります。鉄分のサプリメントを食べるより前に、オレンジや他の柑橘類を食べることはとてもいいアイデアです。これらのフルーツをサラダに入れるのもよいアイデアでしょう。

 

yogrt

8. ヨーグルト

ヨーグルトはカルシウムを摂るのにとてもよい食材です。病院で妊婦さんに渡されるサプリメントにはカルシウムが含まれていますが、十分な量ではありません。妊娠中の女性は、余分にカルシウムを取ることをオススメします。コップ一杯分のヨーグルトで、大体350mgのカルシウムが含まれています。ほとんどのヨーグルトは、消化を助けて便秘を減らす手助けをしてくれるプロバイオティクスが含まれていることも大きなメリットです。

 
いかがでしたでしょうか?日常に簡単に取れそうな食材が多かったですよね。これらを摂ることで必要な栄養が足りないということを防ぐことが出来ます。妊娠中食べてはいけない食べ物もありますので、それらも注意しつつ、美味しく妊娠生活をすごしましょう。

以上、妊娠中に食べるべき食べ物トップ8でした。

permissoned by babygaga.com

Pocket