Pocket

母乳は赤ちゃんの世話の重要な部分です。あなたの子供をケアすることは、あなたとあなたの赤ちゃんの感情や健康を促進します。


 

1.母乳育児のメリット

授乳する女性は、多くの健康上の利点があります。 6ヶ月間授乳することは、25%もあなたの乳癌リスクを低減します。赤ちゃんを長く世話することは乳癌を回避する統計的な高い確率を有します。授乳を12ヶ月間した場合は、乳癌のリスクはさらに4.3%減少しています。13ヶ月間以上母乳を与えた場合はさらに、卵巣癌を発症する確率が63%も下がります。母乳育児は、卵巣癌のリスクを削減するのに役立ちます。

授乳女性が、乳癌、卵巣癌、子宮、および子宮内膜症が減少する理由は、エストロゲンが低いレベルにあることです。エストロゲンが高いレベルにある場合、これらの癌に燃料を供給し続けます。エストロゲンが低いレベルである場合、癌の発生はより少なく、成長することも難しいです。

母乳育児のもう一つの利点は、骨粗しょう症のリスクが低くなることです。カルシウムは子供の骨を構築するために授乳中の母親の体内で使用されますが、離乳後に補充され、多くの場合、骨が強くなります。子どもを母乳で育てていない閉経後の女性は、股関節骨折の危険性がより高いです。

母乳育児の大きな利点は、あなたの妊娠前の体重に減らすことを助けるということです。授乳する母親は自分の分娩時の体重に早く戻ります。授乳しない母親と比較した場合、産後1ヶ月後のお尻の周囲径が大きく減っただけでなく、より多くの脂肪の減少を示しています。この体重減少は心臓病のリスクを低下させ、糖尿病のリスクも低くなり、グルコース代謝の改善のため健康に役立ちます。

母乳育児の利点は、物理的だけではありません。感情もです。産後の不安や抑うつが少なくなることを示しています。

最後に、母乳育児は高価ではありません。粉ミルクで育てられる場合は、1年で約15万円の追加費用がかかります。さらに重要なのは、粉ミルクで育てられた赤ちゃんは健康的な可能性が低いと判断され、より医師の訪問を必要としています。母乳育児はまた、あなたの赤ちゃんは満腹に食べるようになり、栄養が適切な量になることを意味し、赤ちゃんの食品中の細菌汚染の危険性を心配する必要がありません。

 

2.どのくらい母乳を与えるべき?

世界保健機関(WHO)は、女性は、最大2年自分の赤ちゃんに母乳を与えることを推奨しています。米国小児科学会は、母親が継続したい場合、女性は更に12ヶ月以上子供に母乳を与えるべきとアドバイスします。これらの推奨事項は、両方の母親と赤ちゃんに母乳育児の健康上の利点を与えます。

 

3.母乳は赤ちゃんの免疫システムを支援します

母乳育児は、新たに生まれた赤ちゃんのための多くの重要な機能を有しています。幼児の成長のために非常に重要である母乳の1つの機能は、免疫系を強化することです。授乳は、数多くの疾患を防ぐのに役立ちますので、半年以上授乳した赤ちゃんは病気になりにくいです。

母乳育児は、喘息、アトピー性皮膚炎、耳の感染症、およびアトピー性皮膚炎などの疾患を防ぐことができます。母乳は、未熟児の間で一般的かつ重篤な腸疾患である壊死性腸炎などの消化器疾患を防ぐことができます。これは、特に早期に生まれた赤ちゃんに見られる疾患ですが、出生時に心疾患を有する乳児において見出されています。

小腸または大腸内の組織が酸素不足で負傷し、死滅し始めるときに壊死性腸炎が発生します。酸素は、心臓などの重要な臓器に取り込まれますが、疾患のある心臓を持っている未熟児は酸素不足の状態にあります。酸素が腸に到達する量が少ないので、酸素が不足し、腸の細胞が臓器組織を壊す原因となります。これによって炎症を起こし、腸に穴が開きます。穴のあいた腸は、細菌や老廃物を保持することができません。細菌や老廃物が赤ちゃんの血流や腹腔に入っていきます。この疾患は、赤ちゃんは病気になることが多いです。

母乳は、免疫システムを強化する能力と、壊死性腸炎を防ぐことができます。未熟児や他の脆弱な新生児の6ヶ月の授乳は、疾患の予防に役立ちますので、お勧めします。

授乳することで防ぐことのできる別の問題は、肺炎や呼吸器合胞体ウイルス細気管支炎(RSV)と呼ばれるウイルス性疾患などの呼吸器疾患があります。細気管支炎は、通常、2歳未満の小児に影響を与えるウイルスによって引き起こされる下気道感染症です。このウイルスは、細気管支(小気道)の炎症を引き起こします。炎症は、部分的にまたは完全に気道を遮断し、例えば喘鳴などの問題を引き起こします。他の副作用は呼吸困難、息切れ、頻呼吸(呼吸促迫)とチアノーゼの青みがかった肌の色(酸素不足)が挙げられます。

母乳は、これらの症状を防ぐことができます。 RSVは母乳を与えられないか、または部分的に母乳が与えられない乳児に比べて、4ヶ月間の母乳が与えられた乳児では74%減少します。

 

4.母乳は乳幼児突然死症候群を防止します

母乳育児のための最も重要な理由は、それが赤ちゃんの命を救うかもしれないということです。あなたの赤ちゃんのための強力な免疫システムを作成することができる授乳の効果で、乳幼児突然死症候群(SIDS)を防ぐことができます。

一見健康な赤ちゃんが睡眠中に死亡したときSIDSが発生しています。母乳育児を含むいくつかの事柄は、あなたがSIDSを防ぐために行うことができます。処方箋が出ていない薬を避けること、アルコールを飲まないこと、喫煙をやめること、良好な妊婦健診を受けること、妊娠中の健康食品を食べることによって、SIDSの高いリスクがある早産や低体重児を防止することが重要です。

 

5.母乳は赤ちゃんの認知の発達を助けます

母乳育児は、予備調査によると、赤ちゃんのための認知発達に良いです。研究は、もっぱら6ヶ月間母乳されている赤ちゃんは粉ミルクの赤ちゃんよりも高い知能を持っていることを発見しました。このような環境や子育てなどの他の要因も、子供の未来を形作ります。母乳育児は親が自分の子供を育てるために行う必要がある多くの健康的な行動のひとつです。

授乳と知性の間の関係は、より多くの研究を必要とすると思いますが、今知られていることは、母乳の赤ちゃんが粉ミルクの対応よりも高いIQと言語能力を持っているということです。専ら母乳で育てられた乳児は、より高い知能を持っている理由は、母乳はニューロンの急速な発展に影響を及ぼす酵素、ホルモン、及び脂肪が含まれていることです。母乳を与えられている赤ちゃんは母乳を通して、DHA(ドコサヘキサエン酸)とARA(アラキドン酸)の天然油脂を得ます。これらの脂肪は、神経線維を絶縁し、脳の電気信号を高速化し、ミエリンと呼ばれる脳の白い脂肪物質を作成します。母乳の赤ちゃんのミエリンは、粉ミルクの赤ちゃんのそれよりも速く成長します。

 

6.母乳育児は、未来の子供にとって利点があります

母乳育児の重要な利点は、排卵を減少させ、あなたがまもなく出産後に妊娠できない状態を作るということです。しかしこの方法は、避妊具を使用するほど効果的ではありません。それはあなたが妊娠中や出産で失われた鉄と葉酸レベルを回復させることができますので、出産後すぐに次の子供を避けられることはあなたのために健康的です。

あなたが再び妊娠するためには少なくとも1年待つ必要がありますが、それは将来の子供のために健康的です。出産後するに妊娠した赤ちゃんは小さく、時期尚早である可能性が高い傾向にあります。彼らは感染症や病気を撃退​​するための物理的な準備を持っていません。したがって、病気やSIDSで死亡の影響を受けやすいという大きなリスクを持っています。

 

7.母乳育児ができない場合に何をすべき?

一部の女性は病気により子どもを母乳で育てることはできません。例としては産後うつ病、癌の化学療法、または乳房縮小手術などの医療問題のために服用している薬のため授乳を停止している女性が挙げられます。子供に授乳できない場合は、子供のための高品質のミルクについて、お医者さんと話すことは、子供により多くの保証を与えることができます。

 

permissoned by babygaga.com

Pocket