Pocket

妊娠中は新しい生活を待っているエキサイティングな時間です​​。妊娠中の女性は、栄養や健康管理などの問題についての多くの疑問があります。体重増加、運動、予防接種、および一般的なケアについての知識は、妊婦と赤ちゃんのために重要です。
健康な妊娠を可能にする7つのヒントがあります。


 

1.妊娠前の体重を見ておく

妊娠中に体重が増えてくると心配になります。またはあなたが妊娠中にダイエットしたくなるかもしれません。ダイエットは赤ちゃんの栄養にマイナスの影響を与える可能性があります。しかし妊娠している前の体重に戻りたくなる時があるでしょう。体重を減らすことは女性のために多くの利点があります。

太りすぎの女性は時々妊娠より多くの困難を持っています。これはホルモンの不均衡が原因となることが多いです。肥満女性におけるアンドロゲンレベル(男性ホルモン)の上昇は、不規則なまたは存在しない月経周期と排卵の欠如を引き起こす可能性があります。肥満はまた、心臓病、子宮内膜がん、糖尿病、および妊娠糖尿病を発症する可能性を上げます。

妊娠糖尿病は、血糖値を調節するためのホルモン「インスリン」を十分に生成することができない糖尿病の一種です。帝王切開の可能性を増大させる、大きな赤ちゃんが生まれる合併症につながります。また胎児や新生児死亡をわずかに高く確率を引き上げる可能性があります。

あなたが妊娠しているときに体重の問題を持つことは、子癇前症のような問題を引き起こす可能性もあります。これは、足、脚、と手の中に高血圧、尿中のタンパク質の高レベル、および腫脹(浮腫)でマークされ、深刻な医学的状態です。未治療のまま放っておくと、子癇(発作)に発展します。健康的なスタートを切るために、妊娠する前にあなたのお医者さんと軽量化計画について相談するのがいいでしょう。

 

2.妊娠中エクササイズ

妊娠中は、激しくない内容で結構です。運動はあなたのプロポーションを維持し、陣痛のための準備になります。妊娠中の女性のための最高の練習は、認定インストラクターによって教示されたローインパクトエアロビクス、早歩き、水泳、屋内静止サイクリング、ステップです。重度の喘息、心臓病、糖尿病、または他の病状を持っている場合は、運動についてのあなたのお医者さんに相談してください。

低胎盤、流産、または早産の経験がある女性は、運動を避けるべきです。

 

3.休憩すること

妊娠中の女性は、8〜10時間以上の睡眠を必要としています。しかし妊娠中の女性は、8時間以上寝ることが困難な状態にあります。お腹が大きくなるにつれて横になることが厄介になります。解決策は、いろいろな睡眠位置を試してみることです。

睡眠薬を服用しないでください。睡眠薬は頭痛、疲労感、めまい、嘔吐、および筋力低下を引き起こす可能性があります。いくつかの睡眠の薬は、子宮収縮と流産を引き起こす可能性があります。

 

4.予防接種

予防接種は、あなたとあなたの赤ちゃんを健康に保つために重要です。ワクチンが自閉症を引き起こすことはありません。予防接種は、ワクチンに関連した病気のいくつかの発生率と疾患予防が証明されています。

ワクチンは、水疱瘡(水痘)、はしか、おたふく風邪および風疹、破傷風、ジフテリア、および百日咳、およびインフルエンザシーズン中にインフルエンザの予防接種ができます。水痘ワクチンは子作りをする前に、3ヶ月間与えられるべきです。妊娠中に水痘を持っている女性は自分の赤ちゃんにウイルスを感染する可能性があるので、重要なワクチンです。ウイルスは、眼の問題、小頭症、および認知遅延を含む先天性欠損症を引き起こします。

女性が持っていなければならないもう一つの重要なワクチンは破傷風、ジフテリア、および百日咳ワクチンです。 これらのワクチンは致命的な病気からの免疫力を提供します。破傷風は、壊れた皮膚を通して体内に入ることができる細菌です。唾液、糞便、および汚れで覆われた表面は危険です。刺し傷、火傷、及び爪の割れからも破傷風を感染することがあります。多くの場合、致命的な病気は破傷風です。

ジフテリアは、患者の喉の奥の窒息を引き起こす細菌性疾患です。この病気は気道を塞ぎ窒息の原因となります。

最後は百日咳です。この病気は致命的な肺炎の一形態です。百日咳は簡単にくしゃみや咳で移りますが、免疫で感染が防止されています。

毎年のインフルエンザの予防接種は、あなたの健康にとって重要です。インフルエンザの季節は長く続きます。他のウイルスや細菌に比べて、インフルエンザウイルスは急速に変異します。保健当局が、毎年異なるインフルエンザワクチン製剤を持っている理由です。第一次世界大戦中に何百万人もの人々を殺した同じH1N1インフルエンザウイルス(およびそのウイルスの子孫)が絶滅したことはありませんので注意することが重要です。あなたがインフルエンザの予防接種をスキップすることを考える場合は検討する必要があります。

 

5.歯科衛生

あなたの歯と歯茎が健康であることは重要です。ホルモンレベルは妊娠中に上昇します。そのため、歯茎から出血したり細菌感染症を発症させます。妊娠中の歯の健康を怠ると、あなたの赤ちゃんのために良くありません。歯茎のプラークや虫歯からの細菌が血流に入ることで、早産のリスクがあります。妊娠中、ブラッシングとフロッシングをすることは毎日の習慣にする必要があります。

多くの妊婦が歯科処置が安全であるかについての質問があります。絶対に必要な場合を除いて、X線は避けてください。虫歯充填材とクラウンは、歯の健康のために許可されています。根管や抜歯などの緊急治療が必要な場合がありますが、妊娠中は歯のホワイトニングなどの治療を避けてください。

 

6.アルコールと妊娠

アルコールは、最も一般的な毒性を持った物質であり、あなたの赤ちゃんへダメージを与えることもあります。あなたが妊娠の計画を行っている場合は、アルコールを避けてください。アルコールを飲むと胎児性アルコール症候群障害として知られている先天性欠損症を引き起こす可能性があります。
赤ちゃんは小さい体で、あなたが摂取しているアルコールと同量を吸収します。アルコールは赤ちゃんの酸素と栄養を遮る有毒な化学物質です。赤ちゃんの重要な器官が形成されている妊娠の最初の3ヶ月間特に影響がありますが、妊娠のどの段階でもアルコールを飲むことはあなたの赤ちゃんのために悪いと言えます。

 

7.たばこの喫煙

喫煙者と同じ環境にいる場合、あなたの赤ちゃんのために危険です。タバコの煙は、ベンゼン、鉛、神経毒、電池を作るために使用される金属カドミウム、および遺体の防腐処置を施すために使用される化学物質ホルムアルデヒドなどのいくつかの毒素が含まれています。タバコの煙は化学兵器に使用されるシアン化水素、ライター用オイル、家庭用洗剤で使用されるアンモニア、車の排気の一酸化炭素、ブタンが含まれています。

タバコの煙中の毒素は、流産、死産、早産、低出生体重、妊娠することができないリスク増加と深刻な健康問題を引き起こします。喫煙者のいる世帯に住んでいる母親を持っている赤ちゃんは乳幼児突然死症候群で死亡する可能性が高くなります。喫煙女性はつわりを有する可能性が高いです。彼らはまた、子宮外妊娠のより高いリスクを持っている胎児の胎盤早期剥離を引き起こします。胎盤早期剥離は胎児や母体の死亡を引き起こします。

受動喫煙は妊娠中の女性と彼女の赤ちゃんに危険です。受動喫煙を吸入すると、直接喫煙と同じくらい危険です。あなたが喫煙しているかのように煙から同じ毒素を得ています。
タバコの習慣を停止することは、あなたの妊娠の健康計画に含めることができる最高のものの一つです。

 

permissoned by babygaga.com

Pocket