Pocket

妊娠中の女性は、出産の準備のために9ヶ月の期間を持っています。国立衛生研究所が行った調査研究によると、初めてのママの出産は今では50年前に比べ2.6時間長くかかります。

陣痛は容易ではないということです。ここでは、陣痛と出産のためにあなた自身で準備することができる賢いやり方を紹介します。


 

1.出産について、できるだけ多くの知識を得る

専門家によると、前もって出産について学ぶ女性はより良い出産につながると言われています。
疼痛管理のためのオプション、陣痛、呼吸法と使用される医療機器に関する詳細な情報を得ることができるので、出産のレッスンに参加しましょう。
先に起こることを確認するために、妊娠中期のクラスを探し始めることをお勧めします。見ることができるインターネット上の動画も多数あります。

覚えておくべきポイント

陣痛と出産に関連することについて学ぶことは重要ですが、陣痛を完全に制御できる方法はないということを覚えておいてください。

 

2.助産婦さんの支援を受ける

あなたが分娩の時に助産婦さんが周りにいるかどうかを把握しましょう。助産婦は妊娠や分娩中の女性に感情的、物理的支持と同様に情報を提供するために訓練されている医療専門家です。

調査研究では、助産婦が提供する継続的な支援を受けることで、陣痛時間がより短くなることが示されています。別の調査研究では、支援を受けた女性は母乳育児をしようとする可能性が高いと結論づけました。

助産婦さんは出産時において訓練されている専門家であり、陣痛、出産時の妊婦に感情的、教育、物理的なサポートを提供する責任があります。助産婦の目的は、女性が安全で思い出に残る、出産経験を支援することです。

 

3.陣痛が開始したときに何をすべきか知る

あなたは陣痛に入る前に、しっかりと計画を持っている必要があります。貴方の医師または助産師は、あなたが陣痛が始まったときに何をすべきかの明確な指示を与えます。電話する人、病院や出産センターにどうやって行くかなどのようなものが含まれます。いくつかのバックアップの人々を事前に決定することが重要です。
また病院までのルートを知っている必要があります。

破水時に何をすべきか、偽の陣痛と実際の陣痛を区別し、産科病棟へ最速で行く方法を調べておいてください。入り口がどこにあり、どこに車を駐車するか場所を知っておきましょう。これはやり過ぎのように思えるかもしれませんが、その瞬間が来たときに、詳細を知っていることはあなたの心の平安を助け、ストレスを軽減します。

 

4.あなたの体を信じる

あなたの体は9ヶ月の間、赤ちゃんを育てるように設計されており、それは世界にあなたの赤ちゃんをもたらす可能性を秘めているという事実を知る必要があります。あなたの脳は、痛みや赤ちゃんを扱うのを助けるために骨盤と膣組織にエンドルフィンを送り、赤ちゃんが産道を通ることができるように変形していきます。

シャワーの時にあなたの拡大を続けるお腹を見て、赤ちゃんがそこから本当に出てこられるのか考えてパニックになる必要はありません。

寝る前に毎晩、緊張している頭のてっぺんからつま先まであなたの体の各部分に焦点を当てながら、体の様々な筋肉を解放しましょう。この練習を通して、陣痛が起こった時にリラックスできる方法を学ぶことができます。

 

5.バッグを作る

陣痛が始まる前にバッグを作っておきましょう。必需品に加えて、あなたの病院の滞在をより快適にすることができる個人的な物を用意しましょう。たとえば、病院の周りを快適に歩くためにお気に入りのスリッパを持って行きたいと思うかもしれません。

赤ちゃんを出産した後のための必需品を買いだめすることも、お勧めします。あなたの赤ちゃんはおむつ、タオル、衣類や睡眠時の安全な場所を必要とします。また、あなたがボトルでの授乳を予定している場合、ボトルを買っておく必要があります。あなたが自ら授乳したい場合、授乳用のブラジャーやパッドが必要になります。

ちょっとしたアドバイス

出産後すぐの買い物を避けるために、出産前に家庭の必須アイテムを買いだめする事も不可欠です。冷凍食品、トイレタリー、医薬品、トイレットペーパー、シャンプー、および下着の余分なペアは非常に便利です。

 

permissoned by babygaga.com

Pocket