Pocket

胸焼けは妊娠中、最も厄介なことの一つです。ここでは妊娠中にあなたの胸焼けを落ち着かせるのに役立つ7つのヒントを紹介します。


 

1. 食べた後散歩する

胸焼けの原因の一つは消化不良です。消化不良は食べたあとすぐ横になると引き起こされます。このような理由から、食べた後散歩に行くことをお勧めします。あなたの家の周りを歩いたり、15分ぐらい外で散歩してください。
胸焼けを避けるために食後30分間は立っている必要があります。これは、食物を胃に届けることを可能にする筋肉である食堂括約筋底が開いたままになっている場合、胃酸が食道の下部まで移動するからです。その結果、胸焼けになります。
妊娠しているときに長時間座ったままでいると胸焼けを引き起こす可能性が高くなります。頻繁に歩くことは胸焼けを落ち着かせるための素晴らしい方法です。夜に胸焼けを避けるには、食べ物をよく消化させるために就寝前の3時間は食べ物を口にしないことを守ってください。

 

2. ガム

研究では、ガムは唾液を増加させることを示しています。唾液の多いと、食道にはより胃酸が少なくなり、胸焼けが起こりにくくなります。
胸焼けに苦しんでいるとき、私たちは、毎食後にガムを噛むことをお勧めします。
あなたが胸焼けを止めるためにできる最善のことは、一回のご飯の量を少なくして何度も食べることです。(朝、昼、晩の三回だった場合はもっと増やす)
辛い食べ物が好きであれば、あなたは完全に辛いものを食べるのをやめる必要はありませんが、食べる量を少なくし、他の食品を食べるようにする必要があります。また脂っこい食べ物を避ける必要があります。

 

3. きつい服を着ないこと

あなたが胸焼けに苦しんでいる場合は、快適に過ごすための一つの方法は、ゆったりとした衣服を身に着けていることです。衣服がきついと、より多くの圧力があなたの胸付近を圧迫し、胃酸が発生します。
ゆったりとしたリラックスできる服装で過ごして、胃に圧力がかからないようにしてください。

 

4. パパイヤ

パパイヤは、素晴らしい果実です。パパイヤは胃の活動を助け、胸焼けを落ち着かせるパパインと呼ばれる消化酵素が含まれています。午前中にパパイヤを食べることで一日中、胸焼けを落ち着かせることができます。パパイヤの味が好きではない場合は、粉末、錠剤の形でパパインを購入することができます。
パパイヤを食べるもうひとつのアイデアは、フルーツサラダやスムージーにそれを追加することです。またパパイヤミルクセーキを作ることもお勧めです。

 

5. 辛い食べ物を避ける

辛い食べ物は、妊娠していない方にも胸焼けを引き起こさせる可能性があります。しかし、妊娠したときは消化器系を圧迫する赤ちゃんがいるので、二倍強力です。このような理由から、私たちはできる限り辛い食べ物から離れることをお勧めします。
もしあなたがスパイシーな料理を渇望している場合、プロバイオティクスヨーグルトを食べることをお勧めします。プロバイオティクスは、生きている微生物です。
プロバイオティクスヨーグルト中の酵素は、あなたの食道を助け、胃酸の量を一定に保ちます。

 

6. ペパーミントティー

ペパーミントティーは、すべての妊婦の台所にあるべきです。それは妊娠中の秘密兵器になります。ペパーミントティーはつわりと吐き気を一日中助けることができることが実証されています。
夜間の胸焼けを防止するための鍵は、ペパーミントティーを飲むことです。
胸焼けを避けるため、就寝の1時間前ににペパーミントティーを飲んでおくことをお勧めします。

 

7. ヨガ

妊娠しているときは、常に運動することが推奨されています。それはあなたとあなたの赤ちゃんが健康でいることに役立ちます。また、あなたに最適な体重と運動のバランスを提供します。あなたが胸焼けに苦しんでいる場合は、ヨガは、あなたの胸焼けを落ち着かせる助けるための素晴らしい方法です。ヨガは、あなたがリラックスできる素晴らしい運動方法です。
深い呼吸と身体の動きを通して、あなたの胃の筋肉をリラックスさせます。

 

permissoned by babygaga.com

Pocket